世田谷文学館

H20.2.21
世田谷文学館 (世田谷文学館HPへのリンク

住所:世田谷区南烏山1-10-10 

千歳船橋からバスで千歳烏山方面へ向かい10分程度、下車して徒歩4〜5分程度。(徒歩でもいけそうだが、30分程度か)

常設展では世田谷の縁の作家の展示物やムットーニのからくり劇場が鑑賞でき、企画展もあり。この日の企画展は永井荷風のシンプルライフと題した展示物を催していた。

常設展料金(企画展は別)
一般200円(160円)/大・高生150円(120円)/中・小生、65歳以上100円(80円)
◆近くに蘆花恒春園もある。一緒に巡ると良いかもしれない。





文学間の隣にある立派な和館(建物があるのかは定かでは
ないが・・)は世田谷文学館ゆかりの家か?
地続きで出られる扉もあり(鍵がかかり出れはしないが)、
関係はあると思われるが、不明。(調査中)
それにしても立派な庭。

TOPへ  千歳船橋へ  蘆花恒春園写真へ